ひとりごと

刀剣乱舞関連のことをちょっと長めに呟くところ。活撃は木曜日視聴。日常のことも書きます。

活撃刀剣乱舞 第5話感想

今回はちょっと感情的なのでご注意。

 

ちょっと待て。これまだ5話だぞ。

何でこんな展開になるのですか? というのが正直な感想。



とりあえずせっかく鶴さん来てくれたし冒頭から。

薬研「鶴丸
鶴丸「よっ薬研」

うわあああああうちの近侍と第一部隊隊員が会話してるうわあああああ

(個人的な設定込みの感想ですみません)

それは抜きとしても、お互いちゃんと会話しててよかった……。ほら薬研くん最初の性格があれだったから。


そのあと兼さんとむっちゃん到着。鶴さんのことは知ってるのね。
ということは鶴さんは本丸で結構話できる設定なんでしょうか。

船上の敵を片付けて足の手当てをする薬研くん。
その薬研くんに布を渡す兼さん や さ し い …!
やだ惚れてまうやろ! いや私は薬研くん一筋ですが!


ところでむっちゃん船の操縦できたのね。喜ぶむっちゃんかわいい。
鶴さん一人に帆を下ろさせるむっちゃんも大概ですが、
浅瀬に乗り上げても船を進める兼さんも兼さんです。

アニメじゃなかったら船底大破で全員沈んでおるわ。

自分たちの乗る船で砲撃を止めるのは危険でしたけど、あの場面ではああするしか方法は無かったのかもですね。

それから遡行軍のやり方についてですが、かなり強引なやり口に変わりましたね。
人間を利用して自分らは手を汚さない頭脳派かと思いきや、結局チートな代物持ちだして勝とうとする子供みたいな輩になってます。
未来の技術を持ってきてこの時代の軍艦を改造したのか。最初は未来の軍艦をそのまま転送させたのかと思ったけど、さすがにそこまではできないか。


そして、蜻蛉さん対敵大太刀

蜻蛉さんの柄が折れるところまではまだ見れた。
けど、その後は……。

(口にするとひどい言葉の羅列になりそうなので自粛します)


兼さんも激昂した隙に海に落とされ、そして強制撤退。

敗北した時ってきっとこんな光景になるんだな……なんて冷静な部分で考えてました。



その後しれっと舞台転換。

第一部隊出撃?

次週から出演するキャラががらっと変わるってこと?

第二部隊はなんだったの?

蜻蛉さんのあのシーンを見せて終わりってこと?

…………。


予告時の鶴さんの最後の台詞だけが救いでした。



とりあえず、蜻蛉さんの無事を願うばかりです。